ロボット・科学実験教室! ロボライズ  
資料請求・お申込はこちらから
  企業紹介 Q&A お問合せ サイトマップ HOME  
  科学実験コース ロボットコース コースご紹介 体験イベント 教室アクセス おしえてロボライズ  
 
ロボット教室内容紹介
科学実験コース
ロボットコース
コースのご紹介
ロボットを作って動かそう
ロボット教材をご紹介
生徒の紹介
先生のご紹介
生徒の声、保護者の声
教室へのアクセス
費用(授業料)など
おしえてロボライズ
Q&A
その他の関連情報
企業紹介
お申し込み・お問合せ
リンク

HOME >> 科学実験コース 特徴とねらい  >> 理科の考え方 意欲を育てるには?
本当に活かせる”考える力”はどのようにして身に付くのだろう

どのように興味が育つのだろう?

 お子様は、生活の中で、なにげなく好奇心を持ったり、 驚きの中から感動を得たりすることがあると思います。
 理科というのは、子どもにとって不思議だなという現象の中から、 そこに潜む物の性質や、関係(公式や法則)を見出していく学問とも言えます。
一例を挙げますと、バネを縮めると伸びようとし、逆に伸ばすと縮もうとするのは、 バネの鋼を構成する原子に、「原子同士は、近づきすぎると反発しようとし、 離れると引っ張りあおうとする性質がある」からです。 (さらにこの事は、y = ax という最も簡単な関係式で近似的に表せます。)
   

 実験や製作などを通して、この性質や関係を見出していくステップこそが、 『お子様にとって楽しい経験であり、思考力を深めていくための鍵となります。』
   

 さらに(自分で、または先生と一緒に)『見出した関係や性質を、 身近な物に活かせる体験』をしたとき、考える楽しさと意義を、 身につけることができます。
 

 ふしぎに感じることの中には、一見バラバラな現象であっても、1つの考え方を学ぶと解けるということがあり、 このような体験は、お子様の興味と意欲を育てます。
   
 また、一見容易に紐とけないようなものであっても、 すでに学んだ事がお子様の中でつながっていくと、いずれ、そのような問題を解ける力が身についていきます。

 その為にロボライズでは、1回の授業を、お子様のレベルで理解できるだけの範囲に細かく区切り、 実験や体験を毎回とり入れることで、できるだけ深い理解を積み重ねていきます。
 さらに、何度も復習しながらも、関連する内容を少しずつゆっくりと進めていき、最終的には、(力学、電気、化学などの) 1つの科目が体系的に理解できるようにしています。

 このように、現象をひも解き、関係や性質を確認し、そして応用してみるという1つ1つのステップを、 先生に導かれながら何度も繰り返すことで、社会や受験で、本当に活かせる"思考力"を養成していきます。

 お子様は、本来、様々なことに興味や感動を感じています。
好奇心や思考が柔軟な時期を大切にし、ゆっくりと丁寧に、お子様の意欲と思考力を導いていきたいと思います。

ロボットコース・科学実験コース共に通ってくれているお子様の感想

 ロボライズに、ロボットコース、科学実験コースと継続して参加してくれている お子様が感想を寄せてくれました。
 ロボットコースにて、力のふしぎを感じ、理科への興味を広げたのち、 科学実験コースにて論理的に考え、自分でふしぎを解き明かす経験をしたT君とK君、O君の感想をぜひご覧ください。

T君の感想をよむ



K君の感想をよむ



O君の感想をよむ


ロボライズの理科
		・実験を積み重ねて、公式(や言葉)の意味まで、楽しく探ります。 ・
前のページに戻る
『理科コースの特徴』に戻る
ぜひ一度体験教室で、科学実験コースをご体感ください!
 
 
 
お問合せご利用規約プライバシーポリシーサイトマップ
Copyright 2007-2015 Roborise All Rights Reserved.