遊びと学ぶをつなぐ! ロボライズ教室  
資料請求・お申込はこちらから
  企業紹介 Q&A お問合せ サイトマップ HOME  
  科学実験コース ロボットコース コース紹介 体験イベント 教室アクセス おしえてロボライズ  
 
ロボット教室内容紹介
科学実験コース
ロボットコース
コースのご紹介
ロボットを作って動かそう
ロボット教材をご紹介
作品の紹介
先生のご紹介
生徒の声、保護者の声
教室へのアクセス
費用(授業料)など
おしえてロボライズ
Q&A
その他の関連情報
企業紹介
ご挨拶、経営者プロフィール
経営理念
事業概要、沿革
企業へのアクセス(地図)
求人、採用情報
お申し込み・お問合せ
リンク

HOME >> 企業紹介 >> ご挨拶、経営者プロフィール
ご挨拶、経営者プロフィール

経営者のご挨拶

経営者  "ものづくりが好き"、"実験が好き"、"なぜなぜと色んな疑問が 出てくる"など、お子様の興味や姿勢は一人一人様々です。 その純粋なエネルギーや好奇心を、お子様それぞれの才能や 学ぶ意欲にまで育てていくというのが、ロボライズの狙いです。
 ほんのり緊張しながら入会してきたお子さんが、 物づくりコースで3年もたつと、システィマティックで 複雑なロボットを、自分でテーマを決めて設計し、問題解決して見事に動作させるようになります(*1)。 その頼もしさは、まるで大学生が自分のテーマを研究しているようです。 また、科学実験コースのお子さんが、「物理って本当に楽しいよ。色々な章がつながっているんだ。」と笑顔で言います(*2)。
 
  お子様のものづくりや自然科学への興味や関わりは、様々です。 1日だけイベントに来て楽しんでくださっても結構ですし、1年間だけ 通ってみて頂いてもいいと思います。 「先生ずっとお願いします。」と時に言ってくださる保護者の方もおられ、 お子様の興味や意欲の続くかぎり、さらにお子様の才能や意欲を高めるコンテンツ・環境をご用意して行きたいと思います。

 お子様にとって、ものづくりや自然科学への楽しい冒険の窓を、是非一度開いてみて、遊びにきて頂ければと思います。
高木剛

(*1)3年目生徒たちの取り組み工場クラスご参照ください。
(*2)科学の本質が体感できる科学実験コース「力のふしぎ編」 生徒の声ご参照ください。

経営者の経歴

1976年10月 大阪府池田市生まれ、幼少の頃より機械の仕組みやもの作りに熱中する。
2001年3月 九州大学工学部機械工学科卒業
(卒業研究は、構造物の振動解析)
→在学中、文部省奨学生としてミシガン大学へ交換派遣留学。
2001-2006年 国内最大手半導体製造装置メーカーのコンピュータ事業部に5年間勤務。 米国シリコンバレー・ベンチャー企業の日本マーケット立ち上げに携わり、実績をあげる。 技術マーケティング、評価、提案、導入、サポートなど、製品の全技術面を担当。
2006年4月 「ロボット教室 ロボライズ」を開設。
2007年6月
(-2008年3月)
大阪市産業振興団体 ロボットラボラトリー*にて、市場化アドバイザーを兼務。
*大阪市が次世代ロボットテクノロジー(RT)産業創出のために、開設した拠点
2009年 現在に至る

経営者対談インタビュー

ロボット教室って、昔は無かったと思いますが、どうしてはじめようと考えたのですか
昔ならお子さんが遊びの中で、自然に創意工夫して何かを作ったり、外で色々な自然(や科学)の現象を体験したことが、今やテレビゲームなどの普及から、そのような環境や機会がめっきり減ってしまいました。逆に今や、お子様でも様々な部品を組み合わせて高度な仕組みのものを体験・理解できる教育キットが、多く出回っています。  科学やものづくりに興味を持つお子様はたくさんおられます。そのようなお子様達に、自分の興味のある世界を広げ、何か自分の才能を磨いていけるような環境を提供したいと思い、ロボット教室をはじめました。
学習塾と違うところはどんなところですか
ロボット教室のよいところは、お子様にとって“結果”だけを求めるのではなく、様々な“プロセス”を経験し、自分なりの感覚や楽しさを育んでもらえるところです。 ものづくりの中には、“仕組みを発想したり”、“よりかっこいいデザインにしたり”、“隠されている科学の原理を考えてみたり”、“プログラムをしたり”、“チームで1つのものに挑戦したり”、色々プロセスが含まれています。 色々な事を経験しながら、お子様なりに試行錯誤して1つのロボットを作っていく過程の中で、考える力や創造性など色々な能力を磨いて頂けます。
これからどんな教室にして行きたいと考えていますか
科学やもの作りに興味のあるお子様は多くおられて、その興味の度合いや関わりは様々です。少しだけ体験してみたいお子さんから、夏休みに遊びに来たいお子さん、年間を通して深く学び自分なりのロボットを作れるようになりたい子まで、将来は幅広い機会を提供し、興味を持たれたらより深く楽しみながら学んでいけるようなコースを作っていきたいと考えています。
 
 
 
お問合せご利用規約プライバシーポリシーサイトマップ
Copyright 2007 Roborise All Rights Reserved.